住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

No.33 (2017年11月号)10月20日発刊

Select key!

 〝自家消費元年〟「実際は何も起きないのでは」「需要拡大に期待したい」など議論百出のなか、業界各社が示す2019年のカタチは如何に。目下、スマエネ業界では太陽光発電の売電終了ユーザーが大発生する『2019年問題』が迫っている。売電から自家消費型への転換期として注目され、太陽光発電をはじめ、蓄電池や高効率給湯機、V2Hなどスマエネ機器のビジネス環境は大きく変わろうとしている。「準備は万端」「OB客に営業活動を開始」など既に具体的なビジョンを描いているものから、「今は話せることがない」「慎重に動静を覗っている」といった構想中のものまで、歩幅は多種多様。温度差もあるが、同問題を取り巻く複雑な環境を紐解いていくとともに、交錯する関連事業者の現状を切り取った。

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する

目次

 

●遠心求想

「選ばれたのは」

 

 

●照準 

田淵電機

米国流先進技術を逆輸入 蓄電ハイブリッド型を世界に

グローバル展開加速で第三柱 構築へ

 

 

 

 

●スペシャル・インタビュー 

サニックス 宗政 寛 代表取締役社長

 

 

●企業特集

サニックス

最古参の太陽光販売店

ストック80万件に向け

電力×エネルギー機器の総合提案に大きく舵取り

 

 

 

 

 

●特集

中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017開催

 

 

 

 

 

 

 

●特集

2019年問題【後編】

波打ち出したシェア獲得前哨戦

蓄電・蓄熱で56万ユーザーを虜に!

 

2019年に売電終了する対象システムの潜在需要は56万件と言われ、以降も年間1GWで発生することが試算されている。残り約2年で何ができるのか。流通・メーカー各社の動向を追うとともに、国の補助金や民間企業による支援策等にもスポットをあてた。

 

 

●Check the Result

売電期間終了ユーザー、蓄電池導入意向40%超

 

 

 

●太陽光発電の今 

桑野太陽光発電所

世界記録更新!? 住宅太陽光の実稼働25年超 長期耐久性示す

 

 

 

 

●特集

ガス系熱源ド本命 エネファームの今

19年に太陽光との創エネタッグでZEH実現度UP

 

エネファームは発電と給湯の二役を担い、そのエネルギー効率の高さから、ZEH向けの給湯機としてはエコキュートに次いで採用されている。手厚い補助制度やリプレイス、19年度にはダブル発電が解消されるなど普及トリガーが控えている。同機器の仕組みや市場規模、販売プレイヤーの戦略について纏めた。

 

 

 

●気になるゼミ 

九州経済産業局

全国地方自治体に向け 省エネ住宅施策セミナーを開催

 

 

 

●Anniversary JAソーラー・ジャパン

5周年記念パーティ開催 グループ会長も来日

 

 

 

 

●smartHIT候補生

 ①河村電器産業 電力制御機能付 EV 充電設備分岐盤

 ②ニチコン   トライブリッド蓄電システム

 

 

●SmartHIT 

   動力 シーガード

 

 

●気になるSHOW 

[関西]住宅・都市イノベーション総合展2017

 

●月間スマエネ機器・建材市況

●Smart Channel

●Neo Archi

●全国ZEHビルダー名鑑

●for Early Adopters

●月刊スマハ オススメ展示会

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する

バックナンバー

バックナンバー一覧