住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

4R 日産、浪江町と中古電池再生プロジェクト開始

2018.03.23

カテゴリー :EV・PHV,太陽光,蓄電池

印刷する

 日産自動車(西川廣人社長)と同社関連の蓄電システムメーカーであるフォーアールエナジー(牧野英治社長)、福島県浪江町は3月22日、電気自動車日産リーフの中古バッテリーを再利用した外灯を、浪江町内各所に設置するプロジェクト『THE REBORN LIGHT』を発表した。世界的なEVシフトにある中、内蔵バッテリーの大量廃棄という問題解決と、東日本大震災から復興に向けインフラを必要とする浪江町の生活者支援を目的としたもの。
製作した外灯は、太陽光パネルと日産リーフの中古バッテリーを組合わせたもので、電線やコンセント不要の完全オフグリッドで点灯する。浪江町に開設するフォーアールエナジーのバッテリー再生工場において試作機を試験点灯し、2018年度内に順次設置していく予定だ。

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する