住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

LIXIL 短辺826㎜の小型太陽光パネル発売

2018.01.30

カテゴリー :太陽光

印刷する

 住宅設備・建材メーカーLIXIL(瀬戸欣哉社長)は2月1日から、従来品よりもサイズダウンしたことで、あらゆる屋根形状において大容量搭載を実現する太陽光パネル『Gシリーズ』を受注開始する。
 同シリーズは、標準となるFサイズ250Wを1638×826㎜とし、さらに約2割コンパクトなSサイズの2種類をラインナップ。組み合わせることで、狭小屋根や複合屋根など屋根形状を問わず大容量設置を可能とするもの。パネルには、セル内部のパッシベーション膜により光を反射させる技術を用いた単結晶PERCセルの採用によりFサイズで18.48%のパネル変換効率を達成した。Sサイズは同17.86%。
 同社製の傾斜屋根設置用のアルミ台『ソーラーラック』に対応できる。縦桟と横桟を組合わせて強度を高める垂木施工を可能とし、シール付きネジで施工することで止水性能を高める。
 価格はFサイズ18枚(3段6列)、パワコン含むシステム構成例(カラーモニター、架台、配線財、工事費は含まない)で271万5000円(税抜)からとなっている。

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する