住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

シャープ 椅子型のソーラー充電スタンドを開発

2016.10.26

カテゴリー :太陽光,防災

印刷する

 シャープ(戴正呉社長)は10月26日、スマートフォンなどの充電に利用できる椅子型『ソーラー充電スタンド』を開発した。同社は公益財団法人東京都環境公社が再エネの普及に向けて推進する『シティチャージ普及促進事業』の設置事業者に採用されており、東京都環境公社を通じて、東京都内のコーヒーショップ3店舗に10月下旬より順次設置される予定。
 今回開発した椅子型の「ソーラー充電スタンド」は、背もたれの裏側に多接合型の太陽電池を搭載。同電池は変換効率約30%と高い性能を有しており、人工衛星などに採用されている。発電電力は座面の下に搭載した蓄電池に蓄えられるため、日照量が少ない時でも利用可能とする。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する