住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

旭化成建材 断熱性能0.018の新断熱材発売開始

2018.01.12

カテゴリー :断熱材

印刷する

断熱材メーカーの旭化成建材(堺正光社長)は1月16日より、従来品に比べて断熱性能を1割向上させた新断熱材『ネオマゼウス』を販売する。断熱性能を表す熱伝導率はλ=0.018W/m・K。JIS A 9521:2017(建築用断熱材)のフェノールフォーム断熱材1種2号EⅡを取得し、同規格の中で最高ランクとなっている。新断熱材は発泡ガスとして断熱性能に優れ、環境性能の高いHFOを加えた上、独自の製造プロセスにより気泡構造を最適化し、性能を向上させた。HEAT20 G2水準以上の超高断熱ニーズに対応していく。

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する