住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

LIXIL 温室効果ガス削減が科学的根拠認められる

 LIXILグループ(瀬戸欣哉社長)は11月24日、同社で設定した温室効果ガス削減目標が、Science Based Targets(SBT)イニシアチブにより科学的根拠に基づいた削減目標として承認されたことを発表した。SBTは産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えるための科学的根拠に基づいた温室効果ガスの排出削減目標達成を推進することを目的とする団体。
 LIXILグループでは2030年までに2015年度比で、自社で使用した燃料、電気に伴う温室効果ガス排出を30%削減、調達や製品の使用などサプライチェーン上で同15%削減すること等を目指している。同社は目標達成に向けて、効率的なエネルギー利用や再エネの導入、また優れた環境性能を持った製品・サービスやZEHの普及促進を図る。

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する