住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

カネカ XPSで世界最高の断熱性能0.020W/m・K達成

2017.11.16

カテゴリー :断熱材

印刷する

スマエネ商材総合メーカーのカネカ(角倉護社長)は11月6日、押出法ポリスチレンフォーム断熱材で世界最高となる断熱性能0.020W/m・Kを達成した『カネライトフォームα』を開発、2018年春より販売開始する。同製品は、高断熱性発泡剤の高濃度分散技術など独自技術によって熱移動を抑制したことで、従来品で最高水準の『カネライトフォームFX』に比べ約10%断熱性能が向上した。2020年義務化予定である省エネ基準のほか、ZEH基準やHEAT20の水準を、断熱材の厚みを大幅に増やすことなく達成できるものとしている。高性能断熱材はもちろん、高効率太陽電池やシースルー太陽電池、蓄電池、有機EL照明など特長のある製品を持つ同社。これらを複合させながら、省エネ、快適、健康な暮らしを提供していくとした。

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する