住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

国土交通省、スマートハウスに最大補助300万円/戸

 国土交通省は6月16日、IoT技術などを活用したスマートハウスに対し最大300万円/戸を補助する「平成29年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」の提案募集を開始した。IoT技術等の活用で住宅の市場価値及び居住・生産環境の向上などを図るため。募集期間は6月19日から7月28日まで。採択事業は9月上旬に公表される予定。詳細は下記の通り。

【主な事業要件】
・IoT技術等を活用した住宅等であること
・一定の省エネ性能等を満たすものであること
・平成29年度に事業着手するもの
・「IoT技術等を活用した次世代住宅懇談会とりまとめ」を踏まえたものであること

【補助対象費用】
・調査設計計画費(IoT技術等を活用した設計に係るシミュレーション費用など)
・建設工事費(先導的なIoT技術等の導入に係る費用等)
・マネジメントシステムの整備費用
・効果の検証等に要する費用 等

【補助率・補助限度額】
・補助率:補助対象費用の1/2
・限度額:共同住宅 総事業費の5%又は10億円のいずれか少ない金額
     戸建住宅 300万円/戸

【参照URL】
「平成29年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)」の提案募集の開始について

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する