月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

RE:CHARGE(リチャージ) No.9 2021年4月10日発刊

RE:CHARGE No.9

普及拡大が進む家庭用蓄電システム市場─。

各家庭の暮らし方によって求められる蓄電容量、出力、機能は様々で、そのユーザーに見合った提案が必要となるのは言うまでもない。

メーカー各社からは、あらゆるニーズに対応するため数多の製品がラインナップされ、なおも新製品の投入が続いている。

花盛りの今、市場をにぎわすメーカー主力製品の仕様トレンドを分析するとともに、定番から最新まで21社44製品をまとめてお届けする。

 

 

Amazonからのご購入はこちら

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む

目次

蓄・伝・知
走り、そして生まれ変わる
未来への道を照らす街路灯
 
 
 
FOCUS ON[伊藤忠商事]
再エネ自家消費分をポイント還元
新型蓄電池で環境価値取引サービス構築
 
 
 
政策をよむ①
家庭用蓄電システム、30年度7万円/kWh
年間35万台で目標設定
最大2.1万人の雇用想定も
 
 
 
政策をよむ②
21年度蓄電システム補助、500億円超
ゼロエネ建築、次世代インフラに
 
 
 
特集
蓄電システム前線、満開!
2021年“春のにぎわい”21社44製品
 
 
 
Column
蓄電システムの導入契機
「卒FIT」がきっかけ、5割超え
 
 
 
FOCUS ON[ ニチコン]
大容量2モデル、停電時機能を強化!
オーナーズサイトも4月オープン
 
 
 
期待の新顔
パナソニック、蓄電池の“使い方改革”へ
取り外し、運んで、電源拠点に
 
 
 
ビビッとDATA
月別電動車販売市況
 
 
 
特集
EV補助金で弾むか!
ソーラーカーポート需要 まずは6,200件導入を視野
 
 
 
NewScheme
LIXIL参戦!
地域新築ビルダーの電気代削減提案を後押し
太陽光+蓄電池198万円で
 
 
 
NEWS SUMMARY[Spring]
 
 
 

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む

バックナンバー

バックナンバー一覧