月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

【完売】No.19(2016年9月号)8月20日発刊

Convey an Impulse

 流行に敏感で消費への影響力が大きいとされるEarly Adopters(アーリーアダプター)。彼等を刺激することがゼロ・エネルギーハウスをはじめとしたスマートハウス普及を加速させると言われている。そこで今号では、そのトリガーとなり得る『今、話題のIoT関連商材』として気鋭のベンチャーが打ち出す18製品を一挙に収録するとともに新たな住まいのカタチを探った。

Amazonでのご購入はこちら

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む

目次

 

●照準 

屋根技術研究所

太陽電池の移設対応、海外展開など

架台トップメーカーの新たな挑戦

 

 

●Smart HIT候補生 

日本住宅サービス&サンマン

太陽光発電システム設置の常識を覆す!?

超軽量、セミフレキシブル結晶系太陽光パネル登場

 

 

●Highlight 

ソーラーフロンティア

東北工場の生産ライン公開 年産150MW、宮城県から展開

 

 

 

 

●特集

Early Adoptersを刺激する 今、話題のIoT関連商材

気鋭のベンチャーが打ち出す厳選18製品 一挙収録

 

「あったらいいな」と感じられるものや「その手があったか」と思いもよらないかった商品などをまとめた。すでに個人宅だけでなく、不動産管理、オフィス、民宿、シェアハウスなどで採用され、新たなビジネスモデルが浮上している。

 

 

 

●スマートハウス最前線

北信商建

住宅性能を金額換算

コスト透明化でZEH購入のハードル下げる

 

 

●解析!政策ニュース 

地域型住宅グリーン化事業

総勢784グループ採択 ZEH申請戸数1万1100戸

 

 

●全国ZEHビルダー名鑑

アップウィッシュ

エネルギー性能だけじゃない“愉しさ”に根ざすZEHづくり

 

イムラ

吉野杉100%使用、地域貢献型ZEHを提案

 

 

 

 

●企業特集(パナソニック)-1

エネルギー機器商戦で加速 各事業一体で挑む

パナソニックのスマートハウス戦略

 

今春、住建と電材の営業を合併、エネルギー機器の連携を図るべく住宅エネマネ市場開発センターを開設した。いよいよ電建一体でスマートハウス市場に向けての攻勢がスタートする。太陽光発電、蓄電池、エコキュート、分電盤、HEMS、次世代を担う機器と旧来同社を引っ張ってきたパワー機器との連携について探り、本気になったパナソニックのスマートハウス戦略にメスを入れる。

 

 

 

 

 

●企業特集(パナソニック)-2

各エネルギー機器事業トップが描くZEH戦略

 

パナソニック エコソリューションズ電路  大西弘之 社長

住宅用分電盤のガリバー

感震ブレーカー、HEMS対応など高機能型スタンダード化 市場シェア50% 超え標榜

 

 

 

 

 

パナソニック ESソーラーエナジー販売   和田泰典 社長

太陽光だけではなく蓄電池、省エネリノベパックなども注力
太陽光市場50%占有に向け本体と協調

 

 

 

 

 

 

パナソニック ESテクノストラクチャー   松本雄太郎 社長

一次エネルギー計算無償サービスなどビルダー支援策拡充
18年に5000棟、ZEH率100%目指す

 

 

 

 

 

 

SPECIAL Interview

パナソニックエコソリューションズ社 岡山秀次 副社長

「太陽光は踏ん張り時。今後はシステム提案の幅を広げていく」

 

 

 

 

 

●直撃!製造現場

リープトンエナジー

中国江蘇省蘇州市、アルミ成形・加工新工場

太陽光架台、ソーラーカーポートの本格生産開始

 

 

●スマエネ本気 

新興マタイ

9月1日より社名変更、鈴与マタイ

ZEH・ZEBに注力、今期全体で120億円目指す

 

 

●月間スマエネ機器・建材市況

●Smart Channel

●Neo Arch

●月刊スマハオススメ展示会

 

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む

バックナンバー

バックナンバー一覧