住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

太陽光発電協会、PVマスタ保守試験 2月に実施

2017.09.16

カテゴリー :太陽光,業界団体・研究機関

印刷する

 太陽光発電協会(JPEA)は、新たな資格制度として創設した「PVマスター保守点検技術者」制度の第1回認定試験を2018年2月25日に全国4会場で実施する。同資格は改正FIT法の事業計画策定において義務つけられた保守点検に必要な知識・技術の習得を認定するもの。内容は日本電機工業会とJPEAが作成した『太陽光発電システム保守点検ガイドライン』に基づく。概要は以下の通り。

〔試験概要〕
実施日程:2018年2月25日
試験会場:東京〔共和フォーラム〕、名古屋〔IMYホール〕
     大阪〔JEC日本研修センター江坂〕、福岡〔リファレンス駅東ビル〕
受験資格:「PV施工技術者」「PVマスター施工技術者」及び「電気主任技術者」「電気工事士」
出題範囲:太陽光発電の基礎(基本原理と構成機器)
     設計と施工(屋根置き、地上設置)、保守点検、関係法令と手続き等
受験料 :12,960円(税込)
受験受付:JPEAホームページにて11月初旬受付開始予定

【参照URL】
第 1 回「PV マスター保守点検技術者」認定試験の実施について

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する