住宅建築商材とエネルギー機器やZEH住宅に関する専門誌

月刊スマートハウス

  • 業界ニュース
  • 会社概要
  • お問い合せ

静岡市、感震ブレーカー設置補助制度 開始

2017.05.11

カテゴリー :分電盤,感震

印刷する

 静岡市は6月より、地震時の電気火災防止効果が期待される感震ブレーカーの設置補助制度を開始する。感震ブレーカーとは、一定以上の地震発生時に主幹ブレーカーを自動遮断し電気の供給をストップさせる機器全般のこと。地震後の電気復旧時に発生する「復電(通電)火災」を防ぐ有効手段として注目が集まっている。詳細は以下の通り。

【対象者】
(1)静岡市内にある木造住宅を所有又は居住
(2)静岡市内で戸建て木造住宅を新築

【対象製品】
日本配線システム工業会が定める規格「感震機能付住宅用分電盤(JWDS0007付2)」の構造及び機能を有するもの

【補助の対象】
感震ブレーカー等の設置に要する経費の購入及び設置工事に要する経費

【補助額】
(1)の場合:補助対象経費の3分の2以内の千円未満を切り捨てた額(上限:2万5千円)
(2)の場合:1万円

【補助回数】
1世帯につき1回限り

【申請期間】
平成29年6月1日(木)~平成29年12月28日

  • 最新号から年間12冊の一括購読を申し込む
  • バックナンバーを購入する